面接の心得

面接についてのアドバイス

第一印象の大切さ

登録時に来社いただく際は、採用面接とは違いますので、気軽にまたラフな服装でも構いません(派遣会社の中にはとてもこだわる会社もあります)。
しかし、気持ちの方もつい『とりあえず』といった感覚で来られる方は態度や言葉づかいに表れる時があります。
当社のコーディネーターは、派遣先へご紹介する立場として、あなたのためにと日々活動しておりますので、初対面でもできる限り好印象を心がけることをお勧めします。そのPR度で派遣先への印象も当然違ってきますので、ご自分のスキルのPR、やる気のPR、元気ハツラツとした挨拶など、まずは第一印象の大切さをもって面接に望んでください。

社会人としてのマナー

当社への登録時または派遣先への面談日時の約束がある場合は、遅くとも約束の時間の10分~15分前には会場に着きましょう!
派遣先の面談がある場合は身だしなみのマナーも重要です。派遣先の業界、業種によって身だしなみのチェックポイントが違いますので、事前に当社のコーディネーターにご相談ください。
また、面接・面談日時が決定した後でやはり迷いが生じて辞退するような場合は、事前に当社コーディネーターもしくは当社に直接連絡し、辞退理由を言ってお断りください。(面接・面談当日の連絡はやめましょう!)

派遣社員は即戦力
派遣社員は業種が異なっていても前職の経験、職歴によっては派遣先からは大変期待されます。当然これまでの経験を活かしていただくことが即戦力につながると当社スタッフも信じております。
派遣先では、会社の規模の大小にかかわらず、あなたのスキルを精一杯出し切ってください。
職種によっては未経験の方もいると思いますが、契約期間をひとつの目標として業務を遂行してみてください。当社コーディネーターも一緒になって精一杯、応援・サポートいたします。