2021年も地域に必要とされる雇用創出をご提案します。(代表後藤より)

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2020年は、全世界が新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた一年となりました。当社でも、昨年4月の「岐阜県緊急事態宣言」により、多くの派遣先が休業する事態となりました。

しかし、スタッフのみなさんにリーマンショックの時と同じようなつらい想いをさせてはならないと、派遣先には「雇用を守る」ためのお願いを全力で取り組みました。

その結果、派遣先のご理解も得ることができ、新型コロナウイルス感染症における雇止めはありませんでした。これもひとえに、日頃からスタッフのみなさんが責任を持って就業して頂いた成果の賜物であり、想像以上に派遣先のみなさまのご理解を得ることが出来たことに大変感謝しております。

このように昨年は乗り切ることができましたが、どの企業でもリモートワーク導入などで働き方を変えなければならない状況にもなりました。

当社もリモートワーク導入など継続的なサービス提供を行う体制も準備し、今後は、人材育成の現場においても集合研修でなくWEBを屈指して研修ができるスタイルへと構築いたします。

2021年も、当面新型コロナウイルスの影響は続き、人々が大きなストレスを抱える状況は継続すると考えられます。そんな環境において、地域に必要とされる雇用創出を提案し、地域貢献を目指します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 後藤 聡

お知らせ

pagetop